米国Facebook、「Instagram」の広告主が世界で50万件を突破、半年で2倍以上に拡大

広告活用の業界ベスト5はEコマース、エンターテイメント、ゲーム、小売り、消費財
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、スマートフォン向け写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」の広告主が世界で50万件を超えた、と9月22日(米国時間)発表した。半年で2倍以上に増えた。広告を活用している業界のベスト5はEコマース、エンターテイメント、ゲーム、小売り、消費財となる。「Instagramビジネスツール」は現在、150万件が利用している。

インスタグラムは2015年10月に広告提供を始め、2016年2月に広告主が20万を突破していた。Instagramビジネスツールは米国、オーストラリア、ニュージーランドに7月、日本で8月に導入した。「ビジネスプロフィール」「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」の3つがあり、顧客と円滑にコミュニケーションを取ることでビジネスの拡大を図る。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]