Facebookがユーザー向けの広告表示機能を拡張、関連性の低い広告を除外しやすく

表示する広告の設定を管理できる機能を拡張し、広告ブロック機能のアプローチを変更
よろしければこちらもご覧ください

Facebookは、読もうとするコンテンツを遮る広告、読み込み時間を遅くする広告、興味のないものを売ろうとする広告など、ユーザーにとって時間の無駄となる広告の問題を解決するため2つの変更を行う、と8月9日発表した。まず自分に表示する広告の設定を利用者が管理できる機能を拡張する。また、「Facebook」での広告ブロック機能のアプローチに変更を加える。

Facebookでは、利用者が希望しない特定の種類の広告を表示しないように「広告設定」を使いやすくした。また、ユーザーが広告をブロックするソフトウェアを使う根本的な原因を解決するため、広告のフォーマット、パフォーマンス、管理機能をデザインした。今後、Facebookでは、広告ブロックソフトを使用する人々のFacebookデスクトップにも広告の表示を開始するという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]