「BtoBサイト調査2016」でオムロンFAサイトが10年連続1位獲得、ニーズ充足度でFA分野が上位を占める

2位は三菱電機の50.8%、3位はキーエンスの43.0%と上位3社はFA(制御機器等)分野
よろしければこちらもご覧ください

ブランドの価値向上のためのマーケティングソリューションを行うトライベック・ブランド戦略研究所はBtoB(法人顧客向け)サイトのビジネスへの貢献度を評価する「BtoBサイト調査2016」の結果を6月24日発表した。当該サイトにアクセスし、情報ニーズが充足した人の割合を示すニーズ充足度ランキングの1位は制御機器の「オムロン」で、ニーズ充足度は52.6%となり、オムロンの制御機器サイトは10連続でトップだった。2位は三菱電機(制御機器等)の50.8%、3位はキーエンス(制御機器等)の43.0%となり、FA(制御機器等)分野のWebサイトが上位を占めた。調査は4月15日~5月24日に、BtoBの製品・サービス分野(16分野)別に抽出した製品・サービス購入関与者に対し、インターネットを通じたアンケートによって行った。有効回答数は8500だった。

ニーズ充足度ランキングの4位はキヤノン(ビジネス用)の41.8%、5位はTOTO(建築専門家のための情報サイトCOM-ET)の40.8%などとなっている。FA(制御機器等)以外では、上位には建材・住設機器、ドキュメントソリューション、ライフサイエンスなどのサイトが並んだ。調査対象の216サイトのうち、最下位のサイトはニーズ充足度が3.8%で、同じBtoBサイトでも、1位とは大きく差が開く結果となった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]