顧客の画面を共有するクラウド型のサポートサービス「RemoteOperatorエントリー」開始

インターコム、Web上での販売・取引に関する操作上の問題解決を支援、暗号通信で接続

ソフト開発のインターコムは、EC運営での電話サポート時に顧客のパソコン画面をオペレーターが共有するクラウド型のリモートサポートサービス「RemoteOperator(リモートオペレーター)エントリー」を4月15日に始める、と4月4日発表した。Web上での販売・取引に関する操作上の問題解決を支援する。営業サポートセンターのオペレーターのパソコンと、顧客のパソコンをインターネットでつなぎ、双方向の画面共有機能を提供する。SSL 256ビットの暗号通信で安全に接続する。

オペレーターが顧客の画面の任意の位置をポインターで指し示したり、ヘルプサイトなどのページのURLを転送して顧客のパソコン上に表示したりすることができる。ECサイトの購入プロセスでの操作上のつまずきに対して的確な支援が可能になる。ログの収集やオペレーターの統制機能もあり、金融関係などプライバシー性の高い情報を扱う業界でも利用できる。基本ライセンスは1オペレーター月額5000円(税別)、年額だと5万円(同)。7月まで無料試用できるキャンペーンを行う。

インターコム
http://www.intercom.co.jp/

RemoteOperator
http://www.intercom.co.jp/remoteoperator/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]