トランスコスモスがモバイル広告効果測定プラットフォームのAppsFlyerと提携、扱い開始

SDKを導入するだけでスマートフォン向け広告キャンペーンやLTV、ROIなどの確認が可能
よろしければこちらもご覧ください

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、モバイル広告効果測定プラットフォームのイスラエルAppsFlyer(アップスフライヤー)と提携し、同社が開発・提供するスマートフォン向けモバイル広告効果測定プラットフォーム「AppsFlyer」の取り扱いを始めた、と3月14日発表した。SDK(ソフト開発キット)を導入するだけでモバイル広告キャンペーン、アプリ内エンゲージメント(親しみ・愛着)、LTV(顧客生涯価値)、ROI(投資対効果)、リターゲティングキャンペーンなどが確認できるようになる。

同社は2011年の創業で「Facebook」「Twitter」の公式モバイル測定パートナーでもある。1500以上のモバイル広告ネットワークや分析プラットフォームと連携し、年間40億ドル(約4600億円)以上のモバイル広告費、月間8億件以上のモバイルアプリ・インストール数を対象に効果測定を実施している。「OneLink」と呼ぶ独自機能を利用すると、広告をクリックしたユーザーの機器内のアプリインストールの有無を認識し、アプリ内キャンペーンページなどを表示。高度なアプリマーケティングを可能にする。

トランスコスモス
http://www.trans-cosmos.co.jp/

AppsFlyer
https://www.appsflyer.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]