スマートフォン広告ソリューション「F.O.X」が「Apple TV」のユーザー行動計測に対応

CyberZ、Apple TV向けに開発されたアプリ経由のユーザーのインストール・LTVが計測可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェント子会社でスマートフォン広告事業のCyberZは、同社のスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X(F.O.X)」が、米国アップルの動画コンテンツ再生専用機「Apple TV」内のユーザーアクション計測に対応した、と1月13日発表した。Apple TV向けに開発されたアプリ経由のユーザーの行動分析ができるようになった。

Apple TVでのインストール・LTV(顧客生涯価値)の計測とアクセス解析が可能。LTVは課金・会員登録などユーザーのアクション累積を意味する。F.O.Xを実装するとスマートデバイスに加え、Apple TVの計測が1つのSDK(ソフト開発キット)でできる。F.O.Xはスマートフォンアプリ向け広告効果計測を2011年2月に国内で初めて実現した。現在、広告主導入タイトルは4000アプリを越える。

サイバーエージェント
https://www.cyberagent.co.jp/

CyberZ
https://cyber-z.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセスカウンタ
特定のページに何回アクセスがあったかを計測するプログラム。無償プログラムとして配 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]