ユーザーローカル、SNSの流行を反映するレコメンデーションエンジンを開発、ヤフーとニフティが導入

提供開始とともに、ヤフーの「Yahoo!ショッピング」とニフティの「ココログ」が採用

アクセス解析、WebAPI開発のユーザーローカルは、ソーシャルメディア上の流行をレコメンデーション結果にリアルタイム反映することで、効果を向上する「UserLocalレコメンデーション」を5月22日に提供開始した、と同日発表した。提供開始とともに、ヤフーとニフティの2社が採用し、ヤフーの運営するECサイト「Yahoo!ショッピング」、ニフティのブログサービス「ココログ」が導入している。

UserLocalレコメンデーションは、ECサイトでの商品レコメンド、メディアサイトでの記事レコメンドの両方に対応する。商品レコメンドの「協調フィルタリング方式」はYahoo!ショッピングが採用し、内容の類似度が高い記事を推奨する「コンテンツベースフィルタリング方式」はココログが導入している。2種類の方式に対応しているだけでなく、ソーシャルメディア上で話題になっている商品・記事をレコメンデーションする「ソーシャルレコメンデーション」によって、レコメンデーションエンジンの効果をより高めるようにしているという。

ユーザーローカル
http://www.userlocal.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]