博報堂がテレビCMの効果が測定できるスマートフォンアプリのデータ解析ツールを共同開発

博報堂とメタップスの技術を掛け合わせた「Vision-Graphics for Apps powered by Metaps」

博報堂は、テレビCMの効果が測定できるスマートフォンアプリのデータ解析ツールをアプリ収益化支援のメタップスと開発した、と5月25日発表した。「Vision-Graphics for Apps powered by Metaps」と呼び、博報堂DYグループのマーケティング・ダッシュボード「Vision-Graphics」と、メタップスのアプリ開発者向けプラットフォーム「Metaps Analytics」の機能を掛け合わせた。Metaps Analyticsはアプリの集客・分析・収益化を一括して支援する。博報堂とメタップスはアプリ向け統合マーケティング分野で協業契約を結んだ。

Vision-Graphics for Apps powered by Metapsは、テレビCMとアプリダウンロード・アプリ内行動の相関をタイムリーに追跡し、広告効果が可視化できる。ダウンロードの流入経路としてテレビCMが有効かどうか見立てたり、ネット集客、コンバージョン(最終成果)までの統合的な管理・分析が可能。これによってテレビCMとウェブ、アプリ広告を組み合わせた統合的なアプリ集客ソリューションを提供する。夏頃からクライアント企業向けに展開する。両社の協業では、国内外でアプリの総合マーケティングキャンペーンを推進する。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

メタップス
http://www.metaps.com/ja/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]