「NaviPlusレコメンド」にECサイト訪問者の属性を反映した推奨アイテムの提示機能追加

ナビプラス、トップページバナーやニュースの推奨にも利用可能、パーソナライズ性向上
よろしければこちらもご覧ください

eビジネス支援ソリューションのナビプラスは、自社が開発・展開するパーソナライズドレコメンドサービス「NaviPlusレコメンド」に、ECサイト訪問者の属性を分析・反映した推奨アイテムを提示する機能を加え、EC事業者に提供を始めた、と5月15日発表した。商品だけでなく、トップページのバナーやニュースコンテンツの推奨にも利用することで、ECサイトのパーソナライズ性を高めることができ、サイト訪問者のユーザー体験を向上させられる。

NaviPlusレコメンドは、統合型マーケティングソリューション「NaviPlusシリーズ」の1つとなり、ECサイト訪問者の行動履歴やアイテムの属性情報を解析して訪問者それぞれに合った最適なアイテムを提示する。今回追加した訪問者属性の分析機能によって、訪問者の性別、年代、居住地、会員ランクや、事業者が分析した顧客集団などの属性を考慮した提示が可能になった。NaviPlusシリーズはほかに「サイト内検索」「越境EC販売代行」などがある。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]