横浜の財団が市内のクリエイター検索サイト「横浜市クリエイター・データベース」開設

企業情報・得意分野・制作事例の紹介ページで構成、作品・得意分野・職種から検索可能
よろしければこちらもご覧ください

公益財団法人の横浜市芸術文化振興財団は、同市内のクリエイターの紹介・検索機能を持つウェブサイト「横浜市クリエイター・データベース」を開設し、5月12日に運営を始めた、と5月15日発表した。クリエイターの企業情報、得意分野、制作事例を紹介するページで構成し、作品、得意分野、職種の3つの入口から検索できる。同市に集まったクリエイターの情報を発信することで市内の事業につなげ、新たなビジネス機会の創出を図る。

横浜市クリエイター・データベースは、ウェブ、グラフィック、映像、写真、イラストの制作に関わるクリエイターか、クリエイターが代表を務める法人を登録した。企業、NPO、商店街、行政の利用を想定する。運用は、助成制度などを通じて横浜市のアーティストやクリエイター、NPO、市民、企業、学校などの創造の担い手を支援する相談窓口「アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)」が行う。ACYは同芸術文化振興財団が運営している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]