コムスコア、パソコン経由の動画ストリーミングサイト利用状況でトップは「Google」

続いて「FC2」「Kadokawa Dwango」「Yahoo」「DMM」、米国と比べて長時間の動画を視聴
よろしければこちらもご覧ください

デジタル・メディア分析のコムスコアは、日本のパソコン経由の動画ストリーミングサイト利用状況に関するレポートを1月21日発表した。2014年11月の動画サイトトップは「YouTube」がある「Google」で、「FC2」「Kadokawa Dwango」「Yahoo」「DMM」の順で続いていた。1つの動画の利用時間は米国の4.3倍あり、長時間の動画を視聴する傾向があった。自社の動画サイトに関する包括的な調査「ビデオ・メトリックス」で分析した。

自宅と職場を合わせた15歳以上のインターネットユーザーが対象。Googleはユニーク視聴者数が5066万人で、2位のFC2と2倍以上の差があった。FC2は2100万人、Kadokawa Dwangoは1973万人だった。1動画の利用時間は10.2分(米国2.4分)、1人の視聴者の1ヵ月の動画視聴回数は268.5回(同517.4回)、同利用時間は2746.6分(同1253.5分)となった。日本のユーザーは長い動画を見る一方で回数は少なく、米国は短い動画を多く視聴している。

コムスコア
http://www.comscore.com/jpn/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]