凸版印刷、JR名古屋駅でデジタルサイネージとスマートフォンを活用したO2O2O実験実施

100台のデジタルサイネージ広告からビールの無料クーポンを配信、コンビニ店舗へ送客

凸版印刷は、名古屋市のJR名古屋駅でデジタルサイネージとスマートフォンを活用したO2O2O(アウトオブホーム・ツー・オンライン・ツー・オフライン)の実証実験を実施する、と11月7日発表した。JR東海子会社で広告代理業のジェイアール東海エージェンシー(JTA)と共同で11月11~17日の7日間行う。同駅中央コンコース内に設置されたJTAが運営する日本最大級の50柱・100台のデジタルサイネージ広告「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」にBluetoothタグを設置してスマートフォンにクーポンを配信し、実店舗への送客の有効性を調べる。

O2O2Oは、交通広告や屋外広告など、家庭以外の場所で接触するメディアからインターネット、実店舗へと誘導して商品の購買を促す施策を意味する。実証実験にはキリンビールのマーケティング子会社、キリンビールマーケティングと、コンビニのサークルKサンクスが参画。凸版印刷のスマートフォン電子チラシアプリ「シュフーチラシアプリ」を起動すると、「キリン一番搾り生ビール」のデジタルサイネージのBluetoothタグから350mL缶のクーポンコードを配信し、サークルKサンクスの店舗で無料クーポンを発券する仕組み。

凸版印刷
http://www.toppan.co.jp/

ジェイアール東海エージェンシー
http://www.jrta.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]