日本オラクル、企業のビッグデータ活用を支援する新製品「Oracle Big Data SQL」発売

SQLを使って各種データベースに格納されているデータにアクセス、迅速な活用が可能
よろしければこちらもご覧ください

日本オラクルは、業界標準のSQL(構造化問い合わせ言語)を使って各種データベースに格納されているデータにアクセスし、企業のビッグデータ活用を支援する新製品「Oracle Big Data SQL」発売した、と9月1日発表した。

さまざまなデータへのアクセスが簡略化でき、企業に存在する全てのデータが迅速に活用可能になり、競争力向上につなげられる。ハードとソフトが連携して稼働する同社のエンジニアド・システム「Oracle Big Data Appliance」上で稼働する。日本国内で9月中に提供を始める。

Oracle Big Data SQLは、データ管理システムの全てのデータを対象にデータへの問い合わせ処理とデータ分析が可能で、異なるプラットフォーム間でのデータをコピー・移動などが不要。ビッグデータの活用が容易になる。既存のSQLのスキルが利用でき、新たな人材育成に投資する必要がなくなる。Oracle Big Data SQLは、Oracle Big Data Applianceで事前設定、最適化されたエンジニアド・システム上のソフトとして稼働するため、ビッグデータ分析環境の導入時間を短縮し、リスクを低減する。

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

Oracle Big Data SQL
http://www.oracle.com/jp/products/database/big-data-sql/overview/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]