Google、非営利団体向けプログラム「Google for Nonprofits」を日本で提供開始

プログラムに申し込むと、「Google Apps」などの非営利団体向けの機能が利用可能に
よろしければこちらもご覧ください

Googleは、非営利団体向けプログラム「Google for Nonprofits」の日本での提供を7月10日開始した、と同日発表した。サイト上からプログラムに申し込むと、「Google Apps」「AdWords」「YouTube」「Google Earth」の非営利団体向けの機能が利用できるようになる。同プログラムを提供するのは米国やカナダなどに続き、日本が4ヵ国目となる。

プログラムの特徴は、通常は1ユーザーあたり月額600円のGoogle Apps for Business(Gmail、Googleドライブ、Googleカレンダーなど)が無料で利用可能になる。検索連動型広告AdWordsでは1ヵ月あたり1万ドル分の広告費をGoogleが助成。YouTubeでは、動画内で募金ページなどに誘導できるオーバーレイ表示が無料で利用できる。Google Earthは、年間ライセンス4万7980円のビジネス向け製品Google Earth Proを無償で提供する。

Google for Nonprofits
http://www.google.co.jp/nonprofits/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]