Google、非営利団体向けプログラム「Google for Nonprofits」を日本で提供開始

プログラムに申し込むと、「Google Apps」などの非営利団体向けの機能が利用可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2014/7/10 22:51

Googleは、非営利団体向けプログラム「Google for Nonprofits」の日本での提供を7月10日開始した、と同日発表した。サイト上からプログラムに申し込むと、「Google Apps」「AdWords」「YouTube」「Google Earth」の非営利団体向けの機能が利用できるようになる。同プログラムを提供するのは米国やカナダなどに続き、日本が4ヵ国目となる。

プログラムの特徴は、通常は1ユーザーあたり月額600円のGoogle Apps for Business(Gmail、Googleドライブ、Googleカレンダーなど)が無料で利用可能になる。検索連動型広告AdWordsでは1ヵ月あたり1万ドル分の広告費をGoogleが助成。YouTubeでは、動画内で募金ページなどに誘導できるオーバーレイ表示が無料で利用できる。Google Earthは、年間ライセンス4万7980円のビジネス向け製品Google Earth Proを無償で提供する。

Google for Nonprofits
http://www.google.co.jp/nonprofits/

用語集
AdWords / Gmail / Google Apps / Google Earth / Googleカレンダー / Googleドライブ / YouTube / 非営利団体
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]