日本マイクロソフト、MSNやSkypeの広告入札に対応したRTBシステム「Microsoft Advertising Exchange」を提供開始

現時点で扱うのはMSNとSkypeの在庫のみ、10月末までにプレミアム性の高いパートナーの在庫を提供する
よろしければこちらもご覧ください

日本マイクロソフトは9月18日、オンライン広告のリアルタイム入札システム(RTB)「Microsoft Advertising Exchange」を国内で提供開始したと発表した。マイクロソフト運営のメディアやメディアパートナーの広告在庫を1インプレッション単位で購入できる。

マイクロソフトでは、急成長するアドエクスチェンジ市場を見据え、広告主に対してよりコスト効率を高め費用対効果の高い、プレミアム広告の在庫を提供する仕組みとして、国内においてMicrosoft Advertising Exchangeの提供を開始。取り扱う広告は、MSNやSkypeなどの信頼性の高いマイクロソフトブランドの媒体や、ドメイン開示に対応したパートナーサイトのため、広告主のブランドイメージを損なわない広告配信が可能だという。

Microsoft Advertising Exchangeによって、広告主(入札者)は、さまざまなオーディエンスデータを利用し、閲覧ユーザー属性や広告掲載面の品質、広告単価などを評価し、購入したいインプレッションに対する入札価格を決定できる。現時点で提供可能な広告在庫は、マイクロソフトのMSNおよびSkypeのみだが、2013年10月末までにプレミアム性の高いメディアパートナー在庫の提供を予定している。

Microsoft Advertising Exchangeでの入札は、マイクロソフトのテクノロジーパートナーであるAppNexus Inc.が提供するRTBプラットフォームと技術的に連携できる広告事業者によって行われる。2013年9月18日時点の国内における広告事業者は次の通り。

  • Brandscreen Pte Ltd.
  • DoubleClick Bid Manager
  • MediaMath Inc.
  • Rocket Fuel Inc.
  • Turn Inc.
  • Vizury Interactive Solutions Pvt. Ltd.
2013年9月末以降に接続予定の広告事業者
  • CRITEO株式会社
  • 株式会社プラットフォーム・ワン
  • 株式会社マイクロアド

日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

マイクロソフトコーポレーション
http://www.microsoft.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]