デジタルインテリジェンス、DMPでの分析とトレーディングの内部運用を連携させたサービス開始

同社が株主になってトレーディングサービスを専門に手掛ける新会社のプログラマティカを設立
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング・コンサルティングのデジタルインテリジェンスは、データマネジメントプラットフォーム(DMP)による分析業務と、将来のプライベートDSPやトレーディングの内部運用を連携させたサービスを始める、と9月9日発表した。サービス提供に合わせ、同社のコンサルティング事業と別に、同社が株主となってトレーディングサービスを専門に手掛ける新会社、プログラマティカを10月1日に設立する。

デジタルインテリジェンスがテストしてきたデジタルマーケティングのコンサルティング業務とオペレーション実務の連携に加え、分析とトレーディング実務とも連動する新たなトレーディング機能を両社で実現する。プログラマティカはDMP運用と連動したプライベートDSPなどによる入札オペレーション管理を実施し、オペレーターの派遣も行う。サントリーグループで酒類事業のサントリー酒類から運用業務を受託した。

デジタルインテリジェンス
http://di-d.jp/

プログラマティカ
http://programmatica.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]