ニールセンなど、コミュニケーション系サイト調査でユーザーは目的によって使い分け

友人の近況を知るのに「Facebook」「mixi」「Twitter」、連絡手段には「LINE」使用
よろしければこちらもご覧ください

インターネット利用動向調査のニールセンと、インターネット広告のサイバーエージェントは、コミュニケーション系サイトの利用目的や意識、広告・コンテンツ接触後の態度変容に関する調査を実施し、結果を6月28日発表した。PCとスマートフォンの各サイトを3ヵ月以内に使用した層を対処に調べたところ、PC、スマートフォンとも利用目的によってサイトを使い分けていた。

PCでは友人の近況を知るために「Facebook」「mixi」「Twitter」を、スマートフォンは知人との連絡手段に「LINE」を使用し、著名人や第三者の意見や近況を把握するにはPC、スマートフォンのどちらも「Ameba」「Twitter」を利用していた。また、「Facebook」と「Ameba」はコンテンツや広告接触後の商品やサービスの認知、興味、関心の向上に貢献していることが分かった。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス