ヤフー、東日本大震災の瞬間を振り返る「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」公開

Yahoo! JAPAN内のさまざまなデータを分析したレポートを公開
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは3月8日、Yahoo! JAPAN内にあるさまざまなデータ(ビッグデータ)を分析し、その結果を世の中の課題解決につなげるレポートとして展開する特集サイト「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」を公開した。プライバシーに配慮し、各データは個人を特定できないよう匿名化したものだけを活用している。

Yahoo! JAPANビッグデータレポート
http://event.yahoo.co.jp/bigdata/

第一弾のレポートは、「東日本大震災から2年。Yahoo! JAPANのビッグデータが語る『あの瞬間』」と題し、地震発生当時のYahoo! JAPANのアクセス状況や東日本大震災に関連する検索データなどから、大きな被害をもたらした東日本大震災について振り返る。

特集サイトでは、被災地とそれ以外の地域の違いを如実に物語るYahoo! JAPANのPV推移、フィーチャーフォンやスマートフォンのアクセス状況などを公開。地震発生の前後、3月10日と12日を比較すると、被災4県(岩手・宮城・福島・茨城)からのPVが半分にまで落ちており、停電などの影響でまったくネットを利用できなかった、もしくはネットで情報を見る余裕さえなかった様子がうかがえる。また、「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!オークション」といったサービス群のPVが大幅に減少しており、震災が消費者の行動に影響を与えていたことがわかる。

Yahoo! JAPANでは、これまでも「Yahoo!検索 スタッフブログ」において「衆議院議員選挙」や「インフルエンザ」をテーマに、ビッグデータを活用したレポートを提供してきたが、今後は「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」を通じてレポートを展開。また、テーマに基づいた「Yahoo!検索(リアルタイム)」のデータや、「Yahoo!ニュース」の関連記事なども合わせて掲載していくという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]