オプト、データ分析関連のサービスを専門に行う新会社「Consumer first」を設立

多様化する消費者行動を可視化するためのデータ解析ニーズの高まりを受けて設立
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティングのオプトは、オプトグループのデータベース事業分野の体制強化を目的として、データ分析関連のサービスを専門に取り扱う新会社「Consumer first(コンシューマーファースト)」を設立し、事業活動を開始した、と1月10日発表した。ソーシャルメディアの普及を背景に、多様化する消費者行動を可視化することがマーケティング活動では重要となり、データ解析のニーズが高まっていることから新会社を設立することにした。

Consumer firstでは、データ解析の高いスキルを持ったスタッフで構成。オプトが競合サイトへの流入や自社サイト離脱後の行動など、従来は把握しにくかった消費者行動を可視化するために開発したデータ解析プラットフォーム「C-Finder(シーファインダー)」を活用したサービス提供の体制を強化していく。

オプト
http://www.opt.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]