オプト、消費者のインサイト解析ツール「Basis」を開発

データを活用した「個客」ごとの高いコミュニケーションが必要なため、Basisを開発
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング事業のオプトは、消費者のインサイト(本音)解析ツール「Basis(ベーシス)」を開発した、と2月21日発表した。Basisは、消費者の購買情報や生活に関する価値観、メディアの接触状況をシングルソースでデータベース化したものとなる。

デジタル環境の進化により、生活者の消費行動は多様化・個別化が進んでおり、企業のマーケティング活動においても、商品やサービスの性能、デザイン、価格などでの差別化が難しくなってきている。そのため、自社の商品やサービスを購入するプロセスを可視化し、データを活用した「個客」ごとの高いコミュニケーションが必要なため、Basisを開発した。

オプトでは、デジタルを起点としたマーケティング支援を提供してきた。今後もオプトでは、これまで培ってきたデジタルマーケティングの知見を生かし、企業のマーケティング活動における課題を解決し、個客に合わせたオーダーメイド型のマーケティングを提供していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]