Supershipの「Ad Generation」、RTB Houseのディープラーニングに基づいたリターゲティングプラットフォームとRTB接続を開始

SDKを追加導入することなく、パーソナライズされた広告の入札を受けることが可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/2/22 14:34

データテクノロジーのSupershipは、パブリッシャー向けアドプラットフォーム「Ad Generation(アドジェネ)」において、ポーランドのRTB HouseがDSPとのRTB(リアルタイムビッディング)接続を開始しだ、と2月21日発表した。

RTB Houseのリターゲティングプラットフォームは人工知能による深層学習(ディープラーニング)によって運用されており、約70ヵ国、1500以上の企業が利用している。連携によりAd Generationを導入しているパブリッシャーは、新たにSDKを追加導入・アップデートすることなく、RTB Houseのディープラーニングアルゴリズムに基づいたパーソナライズされた広告の入札を受けることが可能となる。

RTB Houseの接続先が追加されたことにより、入札競争が活発化し、広告収益のさらなる向上が期待できる。また、RTB Houseを通して広告配信を行う広告主は、Ad Generationが提供する月間380億imp(インプレッション)規模の優良なアプリ/Webの広告在庫から最適な露出機会を得ることができる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]