NTTレゾナント、企業のマーケティング戦略を支援する「gooユーザーインサイト」提供開始

gooに蓄積したアクセスログデータを基にユーザーの関心度や傾向を分析し、レポート

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、企業のマーケティング活動を支援するため、gooのログデータを分析し、提供するサービス「gooユーザーインサイト」を7月30日に開始する、と同日発表した。毎月約6400万のユニークユーザー(UU)アクセスがあるgooに蓄積したアクセスログデータを基に企業や製品、サービス、社会情勢などに対するユーザーの関心度や傾向を分析し、レポートとして提供。これらのデータとユーザーのアンケート結果を組み合わせた調査も実施。企業は分析結果を自社製品やサービスの市場調査、競合分析、プロモーション戦略の策定などに活用することができる。

gooユーザーインサイトで行う分析は、gooの運営を通じて培ったNTTレゾナントのノウハウ、日本語解析技術、評判分析技術、レコメンド技術などを活用して実施する。また、属性が明確なユーザーのアンケート結果と統合することで、調査対象に対するユーザーの本音(インサイト)を探ることができる。また、gooユーザーインサイトでは、商品トレンドの変化や、時代背景とライフスタイルの変化、社会情勢が与えるユーザーの意識などといったテーマに関して、NTTレゾナントが保有するログデータを解析し、Webサイト上に毎月1回無料で公開していくという。

NTTレゾナント
http://www.nttr.co.jp/

gooユーザーインサイト
http://insight.goo.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]