電通、店頭での書籍プロモーションを可能にするARアプリサービス「ミル+(ミルタス)」を開始

店頭への集客策や書籍の販促活動、SNSとの連動で出版社と読者に新しい関係性を構築
よろしければこちらもご覧ください

電通は、出版文化の発展を目的に、書店活性化につながるAR(拡張現実)アプリサービス「ミル+(ミルタス)」を開発。出版社4社の協力を得て、6月29日からサービスを開始する、と6月6日発表した。5月7日から出版社4社と書店の協力で先行実験を行った結果、店頭への集客策や書籍の販促活動となるほか、SNSとの連動により出版社と読者に新しい関係性が生まれるなどの効果があった。

ミルタスをインストールしたスマートフォンのカメラで書籍の表紙を撮影すると、自動的に指定したWebサイトに接続し、出版社が提供する画像や音声をスマートフォンの画面上で再生する。特定の雑誌や書籍でARを使うことはあったものの、誰もが参加できるサービスとして提供するのは初めて。電通は先行実験にかかわった4社とともに「ミル+推進協議会」を立ち上げ、普及促進を図っていく。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]