ペイパルジャパン、オンライン・ショッピングにおける購買行動調査で「安く購入したい」が28%

安く購入したいが「クレジットカードの不正利用が心配」な消費者も51%
よろしければこちらもご覧ください

オンライン決済サービスのペイパルジャパンは18歳以上のオンライン・ショッピングやモバイル・ショッピング利用者を対象に、オンライン・ショッピングにおける購買行動調査を実施。11月30日、調査結果を発表した。調査の結果、日本でのオンライン・ショッピングが活発になっており、日本の消費者がオンライン・ショッピングに求めることのトップ3は「安い価格で購入したい」が28%、「配送料が安い」が18%、「すぐに配送される」が9%であることが分かった。同時に、消費者の51%は「クレジットカードの不正利用が心配」と考えていることも分かった。調査はペイパルジャパンの委託によりニールセンが8月26日~9月9日に、ニールセンの保有パネルから過去1年にオンライン・ショッピングやモバイル・ショッピングを行った18歳以上600人を無作為に抽出してインターネットを利用して実施した。

オンラインでよく購買する商品のカテゴリを消費額で比較すると「IT/家電機器」が20%、「エンターテイメント」が16%、「ファッション・美容」「食品」がいずれも13%、「旅行」が9%だった。日本のオンライン・ショッピングでは90%が国内のWebサイトを利用している。その理由は「便利だから」が47%、「価格が安いから」が24%、「品数が豊富だから」が20%だった。日本のモバイル・ショッピング利用者のスマートフォン利用率は63%だった。モバイル・ショッピングでよく購入するものは「食品」が31%、「書籍」が28%、「音楽」「電化製品」が17%、「ゲーム」が15%、「衣服」が14%の順だった。なお、40%近くのオンライン・ショッピング利用者は、現在のクレジットカードのセキュリティ対策は不十分だと感じており、約3分の1の利用者は、オンラインでクレジットカード処理をするたびにリスクを感じていることが分かった。

ペイパルジャパン
http://www.paypal.jp/jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]