フューチャーショップ、Facebookページと商品データを連携する「FS2Connect」を提供

「いいね!」を押した人だけに特別なバナーを表示するようなFacebookページが作成可能
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース支援サービスのフューチャーショップは、同社のショッピングカートASP「Future Shop2」が、「Facebookページ」を作成してネットショップのすべての商品をFacebookページに掲載する機能「FS2Connect」の提供を12月7日に開始する、と11月29日発表した。FS2Connectは、「いいね!」を押した人だけに特別なキャンペーンバナーを表示するような仕掛けのあるFacebookページが作成可能。ヘッダー、フッター、キャンペーンバナー、ランキングなどを管理画面で簡単に登録することができる。

FS2Connectはこのほか、Future Shop2に登録した商品を自動的にFacebookページに一覧表示する。Facebookページ内でカテゴリ、金額、キーワード検索ができる。管理画面で設定できるカスタマイズ機能は、「いいね!」ボタンを押す前後でのページデザイン登録、ヘッダーとフッターのデザイン登録、アイキャッチアイコンのカスタマイズ、商品一覧表示方法の設定、ランキング表示設定など。料金は初期費用9800円。月額は500商品1900円、2500/5000商品2400円、1万商品4000円。2012年2月末までに申し込んだ場合は初期費用が無料になる。

フューチャーショップ
http://www.future-shop.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]