ビービット、ネット広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」携帯版が検索・ソーシャルメディアに対応

広告の直接的効果だけでなく、広告以外の集客経路の把握、間接効果の測定が可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/9/20 22:23

インターネットマーケティング支援のビービットは、同社のネット広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」携帯版で、携帯電話向け検索サイトやソーシャルメディア経由の効果測定と、広告・検索サイト・ソーシャルメディアなど携帯デバイス上での全施策を対象にした間接効果の測定機能を10月15日に提供開始する、と9月20日発表した。従来の携帯サイト向け効果測定ツールは、広告の直接的な効果だけを計測するものが多い。広告主にとって、広告以外の集客経路の把握、間接効果の測定が課題だったことから、ウェブアンテナ携帯版の機能強化を行った。

強化した機能は、測定領域の拡張と広告・検索・ソーシャル全体での間接効果の測定の2点。測定領域では自然検索流入(キャリア公式ページの検索機能からの流入、「Google」「Yahoo!」などの検索サイトからの流入)、キャリア公式メニューから、「Twitter」などソーシャルメディアから、ブログなど一般サイトから、お気に入りからといった流入経路が測定可能になる。間接効果の測定では、たとえば最初にTwitterから流入して商品を知り、その後広告経由で情報を収集し、最終的に商品名の指名検索でコンバージョンに至った、などがわかるという。ウェブアンテナ携帯版は初期費用が10万円、自然検索の測定は月額5万円、ソーシャルメディアなど他サイトの測定は月額10万円の追加オプションとなる。

ビービット
http://www.bebit.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトイン
何らかの選択を望んですること。 広告メールを受け取ることなどを、ユーザーが ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]