博報堂DYメディア、ファンとのつながりを可視化するSNSサービス「Buddy Builder」を開発

ファンやリスナー、読者との交流や、商品、サービスの熱心なファンとのコミュニケーションに対応
よろしければこちらもご覧ください

広告事業の博報堂DYメディアパートナーズは、個別のコンテンツや商品を支持するファンやユーザーのコミュニティーを可視化するSNSサービス「Buddy Builder(バディービルダー)」を開発した、と6月20日発表した。熱心な読者やリスナー、ファンを持つ雑誌やラジオ番組、タレントなどがファンとの間で恒常的なコミュニケーションが可能になるSNSを中心としたプラットホームで、熱心なユーザーを持つ商品やサービスにも対応する。

Buddy Builderは、テンプレートをカスタマイズすればオリジナルのSNS開発ができる。テンプレートが実装する機能は、マイページ、プロフィール、アルバム、日記、アクセスランキングなどのコミュニティー機能、「Twitter」や「Facebook」「mixi」といった外部ソーシャルメディアとの連携、博報堂DYグループのアドネットワークとの連携などがある。

番組やタレントとファンとの交流のほか、出版社が編集部ごとにコミュニティーを立ち上げたり、メーカーが商品ごとにファンが集うコミュニティーを開設するなどの用途や、ファンの属性に合わせたバナー広告や商品サンプリングを掲載するといった使い方も可能。

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/top.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]