アイレップがGoogle向け「SEOリスク分析サービス」開始、Yahoo! JAPANのGoogle変更を前に最適化支援

分析対象サイトごとにカスタマイズした分析項目とレポートを提供し、今後のSEO施策指針を導きだす
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、Googleに対するSEOのリスク度を診断し、今後の施策指針を導きだす「SEOリスク分析サービス」を11月30日に提供開始した。

SEOリスク分析サービスは、Webサイトの内部と外部の両面を分析することで、現在のSEOリスク度を診断し今後の施策指針を導き出すサービス。2010年7月発表のYahoo! JAPANのGoogle検索エンジン採用とともに、多数の相談を受けたことからサービスを開始した。

分析サービスでは、主要な対策キーワードの検索順位状況を把握できる「ランキングレポート」と、Googleのアルゴリズムに特化した評価項目に着目した「SEOリスク分析レポート」によって、分析対象となるWebサイトの最適化レベルを明らかにし、今後のSEO施策指針を導きだす。また、より精度の高い施策指針を導きだすため、分析対象サイトごとにカスタマイズした分析項目とレポートを提供する。

サービス期間は10営業日~22営業日、価格は15万7,500円から、サイトの内容や状況によって異なる。対象検索エンジンはGoogle、対象範囲はPC向けWebサイトのみで、20キーワードまでのランキングレポート、SEOリスク分析レポートを提供する。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]