米アドビ、クロスメディア配信プラットフォーム「Adobe Scene7」 をアップデート

モバイルデバイスをはじめとしたさまざまな画面にリッチコンテンツを容易に配信
よろしければこちらもご覧ください

アドビシステムズは、米国本社の米アドビシステムズが同社のクロスメディア配信プラットフォーム「Adobe Scene7」 をアップデートした、と11月8日発表した。日本語の提供は、2010年11月中旬を予定している。新たにモバイルリッチメディアビューワーに対応し、モバイルデバイスをはじめさまざまな画面に動画などのリッチコンテンツを容易に配信できるようにした。

従来は、デバイスごとにコンテンツを開発する必要があったが、1つのプラットフォームでコンテンツ作成から管理、配信まででき、リッチメディアを複数のチャンネルに配信する手間やコストを軽減するという。同社のグラフィックデザイン、動画編集、ウェブデザインソフトのパッケージ「Adobe Creative Suite5」と統合が可能で、ワークフローを効率化。ウェブ解析のオムニチュア技術とも統合し、サイト解析や最適化が自動的にできる。

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

Adobe Scene7
http://www.scene7.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]