さくらインターネット、仮想専用サーバーサービス「さくらのVPS」提供開始

初期費用無料、月額980円。今後は上位プランの投入なども予定している

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、仮想専用サーバーサービス「さくらのVPS」を9月1日に提供開始した。

さくらのVPSは、専用サーバーの自由度と共用サーバーの低価格、そして仮想化ならではの機能を合わせもった仮想専用サーバーサービス。Linuxカーネルに標準搭載の仮想化技術「KVM」を採用して完全仮想化、各VPSの仮想ハードウェアやOSなどの環境はそれぞれ完全に独立し、OSレベルでの仮想化では実現不可能だったスワップメモリを利用可能にするなど、自由度の高いサーバーサービスを提供する。また、Webブラウザからサーバーのコンソール画面を操作できるリモートコンソール機能も備える。

サーバーの基本仕様は、メモリ512MB、ディスク20GB。初期費用は無料、月額料金は980円で、2週間の無料お試し期間もある。今後さらに、マルチOS対応やリモートデスクトップ機能「VNC」の提供などの機能強化のほか、上位プランの投入によるラインアップ拡充なども予定している。

さくらのVPS
http://vps.sakura.ad.jp/

さくらインターネット
http://www.sakura.ne.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]