KDDIウェブコミュニケーションズ、管理者権限付きの専用サーバー「カスタマイズエンジン」を提供開始

スペックに応じた6つのラインアップを提供
よろしければこちらもご覧ください

KDDIウェブコミュニケーションズは、同社が提供するホスティングブランド「CPI」にて、サーバーの管理者権限(root権限)付きの専用レンタルサーバー「カスタマイズエンジン」を9月1日に提供開始した。

カスタマイズエンジンでは、管理者権限をサーバー利用者に渡すため、サービス利用者がブログラムやアプリケーションなどを自分でインストールできる。また、OS、CPU、HDD、メモリなども用途に応じて選択できるため、事業やサイト規模の成長を見越してのサーバー運用が可能となる。

サービスは、スペックに応じてCE01からCE06まで6つのプランを提供する。最小プランのCE01は、初期費用3万1,500円、月額費用7,350円(12ヶ月契約一括払いの場合)と価格を抑えることで、これまで価格面で専用サーバーの導入を見送っていた利用者や、共用サーバーからの乗り換えを検討する利用者に最適なプランを提供する。

また、PINGコマンドにて監視する24時間死活監視、CPU、メモリ、HDDの状況を監視するリソース監視をCE1を除く全プランに対応。各ポートに対しリクエストを投げて監視するサービス監視も標準搭載する。今後はオプションとして、利用者からの要望に応じてハードディスク全体をバックアップするイメージバックアップ、サービス解約後にサーバー内のデータを完全に削除し、同社の社印を押印した証明書を書面で発行する、HDDデータ消去証明書の追加を予定。より安心して利用できる環境を整えていく。

CPI
http://www.cpi.ad.jp/

KDDIウェブコミュニケーションズ
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]