サイバーエージェント、リスティング広告自動入札ツール「CAMP Search Maximizer」販売

モバイル向け、広告効果検証システム「CAMP」に追加実装可能

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社の広告効果検証システム「CAMP(CyberAgent Marketing Platform)」に追加実装できるモバイルリスティング広告向けの自動入札ツール「CAMP Search Maximizer」を11月30日販売開始する、と11月26日発表した。

CAMP Search Maximizerはデータマイニングのブレインパッドとの共同開発で、同社の最適化エンジン「UltiPad」を搭載したモバイルリスティング広告の自動入札ツール。運用キーワードに対してコストや利益の最適化など現実の問題を数学的に扱う数理計画法に基づく入札ロジックを使い、キーワードの重要度に合わせた最適な入札管理を実現する。

最大5万キーワードまでの運用が可能。ポートフォリオ型、ルール型などキーワードの重要度に合わせて入札管理ができる。CAMP Search Maximizerは、CAMPモバイル版のオプションとして初期費用10万円、月額利用料5万円から提供。CAMPはモバイル版、PC版とも初期費用10万円、月額利用料1万円から。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]