さくらインターネットが運用保守不要の「マネージドサーバ Atomプラン」提供開始

サーバーリソースを専有しながら同社が運用と保守、障害対応を実施

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、専門的なサーバー運用保守・操作スキルが不要な新しいホスティングサービス「さくらのマネージドサーバ Atomプラン」を12月10日提供開始する、と11月30日発表した。

複数の利用者でサーバーリソースを共有するサービスと異なり、サーバー1台のCPUやメモリ、ハードディスクなどリソースを専有。利用者に代わって同社が運用と保守を行い、OSのセキュリティアップデートや機器障害などは同社が対応する。

ウイルスチェック、Webアプリケーションファイアウォールなどセキュリティ機能、無料電話サポートを標準で装備。CPUはインテルAtomプロセッサー330 1.6GHz、ディスク容量180GB、メモリ容量2GBで初期費用2万5000円、月額7800円。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]