デジタライズの広告マーケットプレイス「Pitta!」が価格交渉機能を導入

広告主側が希望価格で掲載依頼、媒体側が金額確認後、掲載可否を判断
よろしければこちらもご覧ください

Webサイト制作・サイト運営のデジタライズは、同社が展開する広告マーケットプレイス「Pitta!」に価格交渉機能を導入した、と4月16日発表した。Pitta!はWebサイトの広告枠をオンラインで取り引きできるサイト。価格交渉機能によって、広告を掲載する一部の媒体で、広告主側の希望価格で掲載依頼を行えるようになった。媒体側は広告主の希望金額を確認後、掲載可否を判断する。これまで広告主は媒体側が指定した日額で出稿していたが、広告主から日額設定が高過ぎる、媒体側から長期掲載ならディスカウントしてもいい、などの意見が寄せられたため、掲載価格の適正化を促進することにした。

デジタライズ
http://www.digitalize.biz/

Pitta!
http://www.pitta.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]