オプトが広告の効果測定システムとサイト内解析の管理画面を一元化

広告1件ごとのひも付け作業の手間を軽減

eマーケティングのオプトは、同社のeマーケティング支援システム「ADPLAN(アドプラン)」シリーズの広告効果測定システム「ADPLAN AD(アドプラン アド)」「ADPLAN LS(アドプラン エルエス)」と、ランディングページ最適化システム「ADPLAN SR(アドプラン エスアール)」にサイト内解析データを反映させて、一元管理できるようにした、と2月6日発表した。広告とランディングページの相性や、広告が誘導した新規ユーザーの数を分析するには、サイト内解析システムで広告を1件ごとにひも付けする作業が必要だったが、今回、管理画面上に集約。こうした手間が軽減できるという。

一元化によって広告効果測定・最適化システムの管理画面上に、サイト内解析項目として直帰率、平均閲覧ページ数、平均滞在時間、新規ユーザ率が追加された。機能を利用するには、サイト内解析システム「ADPLAN SP(アドプラン エスピー)」の契約が必要。ADPLANシリーズは、広告の流入からコンバージョンまでの広告効果測定・サイト内解析・最適化を管理するシステム。

オプト
http://www.opt.ne.jp/

ADPLAN
http://www.adplan.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]