インフォリスクマネージとベッコアメが専用サーバホスティングの提供を開始

月額2万9800円から、セキュアな環境での監視を実現
よろしければこちらもご覧ください

システムダウン対策のインフォリスクマネージと、データセンター事業のベッコアメ・インターネットは、協業して月額2万9800円からの専用サーバホスティングを2月9日開始した、と同日発表した。インターネット創成期のプロバイダーとして知られるベッコアメ・インターネットが、データセンター運用の実績をベースにした高品質な専用ホスティングサービスを提供。インフォリスクマネージのSaaS型Webアプリケーション脆弱性診断サービスを付加してセキュアな環境での監視を実現する。提供開始に合わせてキャンペーンを実施。サーバー50台限定で初期費用を無料にする。

24時間の有人監視体制が特徴で、サーバー機器に対する定期巡回、24時間電話対応窓口を設置。また、注文から2週間以内にホスティング環境を利用できるようにするという。A、B、Cの3プランがあり、それぞれ初期費用、月額費用とも2万9800円、3万9800円、4万9800円。最も低料金のAプランは、CPUがCeleron420の1.6GHz、HDDは250GB、メモリが1GB。

インフォリスクマネージ
http://www.inforisk.co.jp/

ベッコアメ・インターネット
http://www.bekkoame.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]