ISAO、1つの動画、画像から各キャリア・携帯端末対応のコンテンツを自動生成するASPサービスを発売

よろしければこちらもご覧ください

コミュニケーションサービスを提供するISAOは、アイ・ブロードキャストから技術提供を受け、ISAOが提供するコンテンツ配信プラットフォーム「コミュニケーションサービス・プラットフォーム」の一部として、携帯端末向け短尺動画配信、静止画最適化、FLASH自動生成のASPサービスを1月15日に発売した。

これまで、携帯端末へ配信するサイト制作にあたっては、各キャリア・携帯端末ごとに対応する動画ファイル、画像ファイルを制作する必要があったが、この本サービスによって、1つの動画、画像を用意するだけで、ほぼすべてのキャリア・携帯端末にデータ配信を行うことが可能になる。

ASPサービスの機能は次の3つ。

  1. 「短尺動画配信サービス」
    1つの動画ファイルを用意するだけで、国内のほぼすべての動画対応携帯に動画配信を実現する。MPEG-1/2、MPEG-4、MOV、H.264、AVI、WMV、FLV、3GPP/3GPP2などの動画フォーマットに対応。DRMにも対応する。
  2. 「静止画最適化サービス」
    1つの画像ファイルを用意するだけで、国内全キャリア・全携帯端末に最適なサイズ・形式で静止画を変換・配信する。JPEG、PNG、GIF、BMPなど一般的な画像フォーマットに対応。docomo、au、SoftBank、WILLCOM、イー・モバイルなどの約710機種の携帯端末に対応する(2008年12月現在)。
  3. 「FLASH自動生成サービス」
    3大キャリア向けにFLASHサイトを自動生成する。複数の画像を1つのFlashコンテンツにまとめることができ、11種類のテンプレートが用意されている。docomo、au、SoftBank などの約340 機種の携帯端末に対応(2008年12月現在)。

これらの3つのサービスはコミュニケーションサービス・プラットフォームが従来から保有している課金・認証など、他の機能との連携を随時予定しており、機能連携によって有料コンテンツ配信なども可能になるという。ISAOは、エンターテイメント業界を中心に初年度1億円の売上を目指す。

ISAO
http://www.isao.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]