ライブドアがソーシャルブックマークの生データを研究者にCSV形式で無料提供

よろしければこちらもご覧ください

インターネット関連事業のライブドアは、同社のソーシャルブックマークサービス「livedoorクリップ」のサイトで公開しているURL、タグ、作成時刻の生データを、研究機関や法人の研究者や個人にCSV形式で無料提供する「EDGE Datasets(エッジデータセット)」のサービスを1月15日開始した、と同日発表した。データ利用は学術目的を前提とし、指定の問い合わせフォームからリクエストした個人にダウンロード用のURLとパスワードを提供する。

研究者はEDGE Datasetsによって容易に研究用集計や加工ができ、レコメンデーションやデータマイニングの研究に活かすことができるという。研究機関や大学、大手通信企業などでソーシャルブックマークの研究が進む中、研究には事業者サイトを巡回してクロールする必要があった。同社は研究者らをサポートするためEDGE Datasetsを行うことにした。livedoorクリップは、ユーザー同士が気に入ったWebページの情報を共有するソーシャルブックマークサービスで会員は約13万人。

ライブドア
http://corp.livedoor.com/

EDGE Datasets
http://labs.edge.jp/datasets/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]