中小企業のための失敗しないWebシステム発注・開発 コーナーの記事一覧

Webシステム開発の知識や経験が浅い担当者が失敗しないためのポイントを解説する
icon このコーナーについて

システム開発のスタートラインである開発会社の選定フェーズに絞り、本当にあった失敗事例や躓きやすいポイントを紹介しながら、Webシステム開発の知識や経験が浅い担当者が、自社に最も適したシステム開発会社を見つけ出すための正しい道筋を、全5回に分けて解説する。

(全 6 記事)

宇野健人(ユーザラス) 2013/04/12 8:00 (141)(46)(59)

見積もりの比較ポイントがわからないがために、価格優先で選定されるケースは往々にあるものだ。経験の少ない、中小企業の発注担当者が見積もりの内容を評価し、発注先を判断するためのポイントを解説する。

宇野健人(ユーザラス) 2013/03/29 8:00 (23)

システム開発の発注先選定で行われる「オリエンテーション(以下オリエン)」とは、発注元の企業がシステム開発会社にどのような提案がほしいのか、RFP(提案依頼書)を用いながら説明する場だ。中小企業が発注元としてオリエンを行う際は、大手企業とは異なった部分に意識をして臨む必要がある。

宇野健人(ユーザラス) 2013/03/15 8:00 (282)(88)(155)

RFP(Request For Proposal/提案依頼書)の作成は、システム開発会社から良い提案をもらうために重要な要素だ。第3回では、中小企業のWebシステム開発で使い勝手の良いフォーマットを示しながら、RFP作成にあたって注意すべきこと、基本的な考え方などを解説する。

宇野健人(ユーザラス) 2013/03/01 8:00 (59)(21)

発注経験のない企業の担当者にとって、システム開発会社のリサーチやヒアリングはかなり手間がかかる作業だが、ここで手を抜くと、かなりの確率で開発会社選定を失敗する。第2回では、効率よく開発会社をリサーチ&ヒアリングするためのテクニックや注意すべき点を解説する。

宇野健人(ユーザラス) 2013/02/14 8:00 (132)(68)(42)

ほとんどの企業は、開発プロジェクトが社内で決裁が下りる前から、システム開発会社にコンタクトを始める。正式に決まっていない案件に対して、開発会社に真剣に取り組んでもらうためには、発注者として押さえるべきポイントがある。「開発プロジェクトの立ち上げ」で、発注企業が最低限行うべき点を解説する。

宇野健人(ユーザラス) 2013/02/14 7:55 (44)

システム開発のスタートラインである開発会社の選定フェーズに絞り、本当にあった失敗事例や躓きやすいポイントを紹介しながら、Webシステム開発の知識や経験が浅い担当者が、自社に最も適したシステム開発会社を見つけ出すための正しい道筋を、全5回に分けて解説する。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ローカルナビゲーション
サイト内のコーナーごとのナビゲーション。 サイト全体で共通して表示されるグ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]