予算200万円から始めるOne to Oneマーケティング

予算200万円から始めるOne to Oneマーケティング

予算200万円からトライアルとして実行できるOne to Oneマーケティングのアイデアを紹介
[AD]
[PR]
200万円から始めるOne to Oneマーケティング 連載アイコン

1990年代から2000年代初頭にCRMとともに注目された「One to Oneマーケティング」。当時は、顧客データベースとの連携や営業部門の巻き込みなど、中小企業にとって縁遠いイメージだった。しかし、根底にある考え方は今でも通用するし、さまざまなサービスやツールの登場によってむしろ環境は整っている。多くの企業にとって、One to Oneマーケティングは現実的な手法といえるのだ。

本連載では「予算200万円から始める」をスローガンに、デジタルチャネルにおけるOne to Oneマーケティングのアイデアを紹介し、スモールスタートの可能性を探っていく。

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]