日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

後払い決済に「GMO後払い」でGMOペイメントゲートウェイが参入 手数料は2.7%から

まずは加盟店に対して優先的に提供し、8月以降は加盟店以外への販売も開始する

GMOペイメントゲートウェイは5月下旬から子会社を通じてコンビニ後払い決済を提供する。まずは加盟店に対して優先的に提供し、8月以降は加盟店以外への販売も開始する。EC市場でニーズの高いコンビニ後払い決済を提供することで、さらに加盟店を拡大させる考え。

「GMO後払い」は、購入者が商品到着後にコンビニや郵便局、銀行から料金を支払う決済サービス。新設したGMOペイメントサービス(本社東京都、向井克成社長)がサービスを提供する

先行するネットプロテクションズ(本社東京都)などと同様、商品代金の未回収リスクをなくした。また、システムの自動連携や請求書と商品を同梱して送るサービスにも対応した。

リアルタイムで与信を行うことで、素早く後払い請求書を発行できるようにした。

すでに先行社がいるため、先行社が行っているサービスは最低限用意して、その上で、当社でなければできないことを提供していかなければならない」(向井社長)と話す。

4つのプランを提供し、月額固定費は0~4万5000円。手数料は2.7%~4.7%で、業界の最安値で提供する。

まずはGMOペイメントゲートウェイの加盟店約4万店に導入を勧める。今後、管理画面の統一化などを行うことで利便性を高めていく。

コンビニ後払い決済については、最大手のネットプロテクションズが1万店以上の加盟店を持っており、加盟店の拡大を進めている。昨年8月からは大手通販のニッセンも参入。他にも大手通販の参入が予定されており、サービス提供社間の競争はさらに激化することが予想される。

・GMOペイメントゲートウェイのリリース
http://www.gmo-pg.com/news/2013/1266

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]