日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

楽天スーパーセール目玉商品増加で購入拡大 26時間の流通総額は155億円か

流通額拡大の理由は、出店者が数多くの商品を目玉商品として用意した結果だとしている
よろしければこちらもご覧ください

楽天が6月3日に実施したセール企画「楽天スーパーセール」の26時間の流通総額が前回を上回ったことが分かった。ただし、アクセスが集中して受注がストップするなど、出店者に迷惑をかけたことを理由に、具体的な流通額は公表を避けた。流通額拡大の理由は、出店者が数多くの商品を目玉商品として用意した結果だとしている。

3月に開催したスーパーセールは24時間に約125億円を売り上げている。前回は在庫切れが多く発生したことから、今回は多くの在庫を用意するショップが増えた。日曜日にもかかわらず、社員を出勤させ対応するショップも多かった。

前回以上にテレビでのスポットCMを流したことで、消費者への訴求力も高まった。前回購入してお得感を感じた消費者がリピートするケースも多かったという。

ただ、前回を上回るアクセスがあり、午後8時以降にアクセスが集中したため、約2時間ほど受注できない状況が続いた。これに対する処置として、楽天ではセール期間を48時間延長している。

楽天出店者などによると、6月3日に開催したスーパーセール(26時間)の流通総額は155億円。前回よりも約30億円上回ったもようだ。

・楽天スーパーSALE
http://event.rakuten.co.jp/campaign/supersale/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]