日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

楽天 マレーシアに進出 東南アジアでは3カ国目

東南アジアへの進出は、タイ、インドネシアに続き、3カ国目となる。
よろしければこちらもご覧ください

楽天は5月24日、マレーシアにラクテン・マレーシア(上野昌哉社長)を設立し、同国に進出すると発表した。今年後半をめどに日本の「楽天市場」と同様の出店型のインターネット・ショッピングモール「ラクテン・オンライン・ショッピング」を開設する予定。東南アジアへの進出は、タイ、インドネシアに続き、3カ国目となる。

「ラクテン・オンライン・ショッピング」では、現地の大手小売企業を中心に出店誘致を進めていく。ファッション、デジタル・電子機器、書籍、高級品など多様な商材を提供していく予定だ。

将来的には、日本の「楽天市場」をはじめ、各国・地域における楽天グループ傘下のECサイトとの連携も検討していく。

今後、出店者の募集を開始するとともに、サービス整備に向けた各種準備を本格的に進めていく。

楽天は、欧州や北米などネット先進国に対しては、既存EC企業を買収することにより進出する一方、新興国に対しては新たに現地法人を設立し、事業の立ち上げを図っている。楽天の海外のモール流通額(11年12月期)は約1100億円にまで拡大している。

・楽天株式会社のニュースリリース
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2012/0524.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]