日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

グーグル「みんなのビジネスオンライン」中小に無料でサイト制作 地方のネット事業推進へ

グーグルは、日本の中小企業向けにECサイトなどが無償で制作できるサービスを開始した。
よろしければこちらもご覧ください

グーグル(本社東京都)は9月13日、日本の中小企業向けにECサイトなどが無償で制作できるサービスを開始した。同社の調べでは、自社サイトを保有している中小企業は24%で、拡大余地は大きいとしている。新サービスで地方などの中小企業によるネット事業を支援し、活性化につなげる。

新たに始めたサービスの名称は「みんなのビジネスオンライン」。日本の中小企業、個人事業主であれば、誰でも無償でサイトを開設できるようにする。海外の企業や個人は利用できない。

KDDIウェブコミュニケーション(本社東京都)が提供するホームページ作成支援サービス「Jimdo(ジンドゥー)」をシステム採用。テンプレートは業種別に用意されており、14業種、約100種類のテンプレートが利用できる。サイト制作の専門的な知識がなくても直感的な操作で15分ほどでサイトを作ることができるとしている。修正などの際も、クリックして文字を打ち込むという操作で簡便化した。

EC機能では、商品の説明と画像、価格を設定するだけで、販売を開始することができる。販売できる商品数は15品まで。有償のオプションを利用すれば、掲載商品数は無制限に拡大できる。決済はペイパル決済が標準で搭載されている。

このほか標準でSEO機能を搭載しているほか、アクセス状況なども搭載されている「Google Analytics」が自動的に解析する仕組みとなっている。

料金は初期費用と最初の1年間は無料。その後、継続して利用する場合、月額1470円がかかる。

経産省傘下の独立行政法人で、中小企業の支援を行う中小企業基盤整備機構や特定非営利法人のITコーディネータ協会が連携団体として参画。全国でセミナー開催などを支援することで、サービスの活用を促進していく。1年間で15万社の利用をめざす。

グーグルの有馬誠社長はサービスの発表にあたり「日本の中小企業はウェブを活用することで、さらに元気になれる。『みんなのビジネスオンライン』がその役割を担いたい」と話した。

・みんなのビジネスオンライン
http://www.minbiz.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

DNS
DNS(Domain Name System/Domain Name Serve ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]