日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

中国 男性用化粧品購入率調査 1位はスーパー59.9%、ネット通販は40%で4位

化粧品をネット通販で購入すると回答した男性は40.7%
よろしければこちらもご覧ください

中国でマーケティングリサーチを行うインフォブリッジ社(本社中国香港、繁田奈歩社長)がこのほど実施した中国の男性用化粧品や美容に関する意識調査によると、化粧品をネット通販で購入すると回答した男性は40.7%となった。

調査は北京、上海、広州在住の20~49歳の男性を対象に行い、回答者数は270人。

化粧品の購入方法について、1位はスーパーマーケットで59.9%、2位は百貨店で55.6%、3位は専門店で43.9%、ネット通販で購入する割合は10位中4位だった。

また、全体の65.1%が化粧品を購入する上で「ブランドの知名度」を最重視すると回答。2位は「価格」で46.0%だった。

使用する男性用化粧品の1位は「洗顔料」(92.2%)で、主に洗顔フォームや洗顔石鹸を利用。

地域別の集計では、上海在住男性の71.1%が「乳液・クリーム」を利用していると回答した。北京・広州在住男性回答率は60%で、上海在住男性の顔ケアの意識の高さが目立った。

・インフォブリッジ
http://www.infobridgeasia.com/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]