日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アマゾン 川越に新物流センター「アマゾン川越FC」開業 靴の品揃え強化

靴・バッグのECサイト〈Javari〉の商品を主に取り扱う。

アマゾンの日本における物流業務を担当するアマゾンジャパン・ロジスティクス(本社千葉県市川市)は7月12日、国内4カ所目となる物流センターを埼玉県川越市に開設し、同日から稼働を始めた。靴・バッグのECサイト〈Javari〉の商品を主に取り扱う。これまで各センターに散在していた〈Javari〉の商品を1カ所にまとめることで、より確実な在庫管理が行えるとともに、ラインナップを強化できるとしている。

「アマゾン川越FC」は4階建て物流センターの1、2階部分を借り受けたもの。延べ床面積は3万8927平方メートルで、アマゾンの国内のセンターでは3番目の大きさ。〈Javari〉用の商品は仕入れてすぐに撮影を行うため、市川の物流センターには撮影スペースも設けていた。今回、〈Javari〉の商品を新センターに集中させたため、撮影スペースも川越センター内に移した。

今後、アマゾンは〈Javari〉において靴・バッグ以外のファッション商品を広く扱っていく計画を立てており、品揃えの強化に向けて専用センターを構えたと見られる。

・川越FC(フルフィルメントセンター)開業のプレスリリース
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20100712

・Javari.jp
http://www.javari.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]