日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

WIPジャパン 海外向けモール構築システム「マルチリンガルモール」を販売

11言語・24通貨に対応する海外向けショッピングモール構築サービス。
マルチリンガルモール

海外向けショッピングカートを提供するWIPジャパン(本社東京)はこのほど、11言語・24通貨に対応する海外向けショッピングモール構築サービスの販売を始めた。同社のサーバ経由で機能を提供し、低コストで多言語・多通貨対応のショッピングモールの構築を可能とした。

サービス名称は「マルチリンガルモール」。同社によると「自前の構築では少なくても1000万円以上は必要となる」という。これをサーバ経由で提供するクラウドサービスで販売し、自社構築よりも5分の1以下のコストでモールを構築できるようにした。

店舗数は9999店まで対応が可能。外国語による問い合わせに対応するための「お問い合わせ翻訳サービス」も搭載している。

初期費用は222万円、月額利用料は22万円から。

WIPジャパン
http://japan.wipgroup.com/

マルチリンガルモール
http://www.multilingualmall.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]