初代編集長ブログ―安田英久

IE 8がリリースされました

日本時間の3月20日に、IE 8が正式にリリースされました。
Web担のなかの人

日本時間の3月20日に、IE 8が正式にリリースされました。マイクロソフトのサイトからダウンロードできます。また、Windows UpdateやMicrosoft Updateによる自動更新も今後行われるとのこと(IE 7のときと同様に自動更新をブロックすることも可能)。

http://www.microsoft.com/japan/ie8 (IE 8)

IE 8

IE 8はWeb標準のサポートが進んだため、標準に準拠して作られているサイトは、特別な対応をしなくてもIE 8で正しく表示されるはずです。

もしIE 8で正しく表示されない場合は、

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7" >

のような形で、各ページのHTMLでhead要素内にmeta要素として互換性を示すタグを入れるか(ページ側での対応)、Webサーバーがブラウザに対して返すHTTPレスポンスのHTTPヘッダー内で同様の内容を含むようにするか(サーバー側での対応)します。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/ie/cc405106.aspx (IE 8互換性センター)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/ie/dd550608.aspx#2a (サイト側での互換モードの指定)

ちなみに、IE 8では標準でWeb開発者向けのツールが用意されていますので、わざわざアドオンツールをインストールする必要がありません。このツールも、以前提供されていたものよりも使いやすくなっています。

IE 8の開発者ツール

HTMLのDOMやCSSを見る機能も、特にCSSのオーバーライド状況をプロパティごとに確認できるのは便利ですね。

IE 8の開発者ツールのHTML/CSS

JavaScriptのデバッグ機能も充実していて、FireBugで行うようなデバッグ作業を、かなりわかりやすいインターフェイスで行えます。プロファイリング(JavaScriptプログラムの機能単位での実行時間の測定)もできます。

IE 8の開発者ツールのスクリプト
IE 8の開発者ツールのプロファイラ

IE 8では、ほかにもアクセラレータやWebスライスなどの新機能が搭載されています。自社サイトで活用できるか、検討してみてください。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/ie/default.aspx (IE 8技術情報)
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]