カテゴリ別シェア、ブランドランキング、物価上昇下でのメルカリ生活、世代別購入カテゴリなど【9周年データ数値まとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「カテゴリ別シェア、ブランドランキング、物価上昇下でのメルカリ生活、世代別購入カテゴリなど【9周年データ数値まとめ】」 からご覧ください。

7月2日にフリマアプリ「メルカリ」のサービス開始9周年を迎えたメルカリ。9周年を記念して、1年の取り組みを振り返る「メルカリ サービス開始9周年」インフォグラフィックスを公開した。

2022年1-3月期(第3四半期)時点のカテゴリ別シェアは、本・ゲーム・おもちゃといった商品を含む「エンタメ・ホビー」カテゴリーが26%でトップ。2021年10月の緊急事態宣言解除後のリモートワーク推奨などで、家を起点としたライフスタイルが継続、インドア向けのカテゴリーが人気となっている。

フリマアプリ「メルカリ」のサービス開始9周年を迎えたメルカリ。9周年を記念して、1年の取り組みを振り返る「メルカリ サービス開始9周年」インフォグラフィックスを公開カテゴリ別シェア

この1年間、60秒未満で最も売れたブランドは「アップル」。ブランド別でも、「エンタメ・ホビー」カテゴリーの商品が多くランクインしている。また、「エプソン」「キヤノン」がランキング上位に入っており、自宅でのリモートワークに必要な備品を手軽に入手したいというニーズが高いと考えられる。

フリマアプリ「メルカリ」のサービス開始9周年を迎えたメルカリ。9周年を記念して、1年の取り組みを振り返る「メルカリ サービス開始9周年」インフォグラフィックスを公開60秒未満で最も売れたブランドランキング

「メルカリ」の利用者に対し、「1年前と比較して物価の上昇を感じるか」質問したところ、80.9%が物価の上昇を感じている。物価上昇への対策として今後、「メルカリ」での購入が増えると思う商品として、服、書籍、おもちゃ・ホビー、レジャー関連など、「メルカリ」の人気商品が多数ランクインするなか、「野菜」「果物」がそれぞれ7・8位にランクインした。

フリマアプリ「メルカリ」のサービス開始9周年を迎えたメルカリ。9周年を記念して、1年の取り組みを振り返る「メルカリ サービス開始9周年」インフォグラフィックスを公開物価上昇対策としてのメルカリ生活について

近年、好きなタレントやアイドル、キャラクターを応援する活動「推し活」が拡大、ファンが写真やグッズなど関連アイテムを収集する動きが見られる。「メルカリ」の世代別購入傾向では、すべての世代で「エンタメ・ホビー」カテゴリーに含まれる「キャラクターグッズ」「アイドルグッズ」が購入数TOP3にランクインした。

シニア世代の70代以上では「本・音楽・ゲーム」カテゴリでK-POPが1位。10代、30代、50代でもK-POPがTOP3にランクインした。世代を問わず幅広い層から韓流アイドルを応援する「推し活」が拡大していることがうかがえる。

フリマアプリ「メルカリ」のサービス開始9周年を迎えたメルカリ。9周年を記念して、1年の取り組みを振り返る「メルカリ サービス開始9周年」インフォグラフィックスを公開世代別購入カテゴリTOP3

世代別の出品傾向では、「エンタメ・ホビー」カテゴリがすべての世代でランクイン。また、ハンドメイドパーツやインテリア小物などのアイテムが出品されている。「ネコポス」「ゆうパケット」といった梱包手段が整っていることも踏まえ、利用者の出品ハードルが下がったと見られる。

フリマアプリ「メルカリ」のサービス開始9周年を迎えたメルカリ。9周年を記念して、1年の取り組みを振り返る「メルカリ サービス開始9周年」インフォグラフィックスを公開世代別出品カテゴリTOP3

2021年10月にスタートした「メルカリShops」では、日本全国の個人・法人がネットショップを開設。本格提供6か月で累計出店数は20万店を突破した。

これまで最も人気が高く、購入されているカテゴリーは「果物」。2位に「菓子」、3位に「野菜」がランクインし、生鮮を含む食品が購入される傾向にある。物価上昇により、農家から新鮮で手頃な価格の食品を購入したいニーズの高まりが影響したと考えられる。

フリマアプリ「メルカリ」のサービス開始9周年を迎えたメルカリ。9周年を記念して、1年の取り組みを振り返る「メルカリ サービス開始9周年」インフォグラフィックスを公開「メルカリShops」で売れた人気カテゴリ

ヤマト運輸との集荷梱包代行の実証実験をはじめ、「メルカリ」で販売取引が成立した商品を発送できる無人投函ボックス「メルカリポスト」の設置を拡大。リアルな場での「メルカリ教室」の実施再開など、2021年はオフライン施策に力を入れた1年だった。

「メルカリポスト」の拠点数は2020年から2.2倍の約2200か所に拡大し、コンビニや携帯販売ショップ、銀行ATMコーナーなど、生活動線として日常的に利便性の高いさまざまなロケーションへの設置を行った。さらに、「メルカリ教室」の拠点数は約1200拠点に増加、開催回数は7万回を超え、18万人以上の顧客が受講した。

フリマアプリ「メルカリ」のサービス開始9周年を迎えたメルカリ。9周年を記念して、1年の取り組みを振り返る「メルカリ サービス開始9周年」インフォグラフィックスを公開メルカリポストの設置数について

 

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:カテゴリ別シェア、ブランドランキング、物価上昇下でのメルカリ生活、世代別購入カテゴリなど【9周年データ数値まとめ】
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

石居 岳
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]