どんな企業もテレビやネットで有名にする『勝手に広報PR術』〜1100社を演出したブランディング事例を紹介〜

1100社以上の広報PRやブランディング、マーケティングに携わってきた現役のテレビプロデューサー大林健太郎さんをゲストに、普通の会社をどのように広報PR(演出)すれば、有名な企業になれるのか、売上が上がるのかについて伺います。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
seminar-salon-panel-20210303.jpg

広報サロンでは、広報やマーケティングの担当者に向け、ノウハウや戦略の考え方をセミナーや動画コンテンツで提供しています。広報戦略・プレスリリース・メディアリレーションズ・社内コミュニケーション・マーケティングなど様々な角度から定期的にセミナーを開催しています。

今回は、1100社以上の広報PRやブランディング、マーケティングに携わってきた現役のテレビプロデューサー大林健太郎さんをゲストに、普通の会社をどのように広報PR(演出)すれば、有名な企業になれるのか、売上が上がるのかについて伺います。

著書:チバテレ売れっ子プロデューサーが教える 言ったもの勝ち! 「勝手に」演出術
https://www.amazon.co.jp/dp/4798059277/

★こんな方にオススメ!

  • テレビやネットで有名になる広報PR術を知りたい
  • マーケティングやブランディングの基本を知りたい
  • セールスポイントがないと思っている会社の営業担当者
  • 広報PRや宣伝での差別化をしたい
  • 企業や製品サービスのキャッチコピーで悩んでいる

勝手に言葉を作ることが広報PR成功の秘訣!

草食男子、肉食男子、オンライン〇〇、終活、スマートフォンこれら皆さんが当たり前に使っている言葉は、数十年も昔からあった言葉でしょうか? 今や当たり前の言葉も誰かが作った(言い始めた)言葉です。その言葉が広がり、マーケットを作っています。

もし、あなたの会社が言い出した言葉やキーワードを世の中の人が口に出すようになったらどうでしょうか? 競合企業よりも有名になり、戦わずして選ばれる企業になります。

  • メディア露出では、なぜかいつも取材されているあの企業の様に取材が殺到
  • 販売促進では、多額のコストをかけなくても口コミや紹介が増える
  • 営業活動では、競合企業と価格競争しなくてもよくなる

勝手に言葉を作る広報PR術は、大林さんが1,100社以上の演出を手がけた中で編み出したマーケティング手法です。競合の多い歯科医院にあるキーワードをつけるだけで冬のシーズンは予約待ちに。普通の司法書士事務所の代表の肩書きを買えただけでメディアの取材が殺到。など大きな成果を出しています。

BtoC BtoBどちらにも使える広報PRとブランディング、マーケティングを1時間で習得できるセミナーです。

【セミナー内容】

  • 企業や製品サービスの差別化をするキーワードの選び方
  • 圧倒的な優位性を作るポジショニングの基本と方法
  • テレビ流小さなことでも大きく知名度を上げる演出術
  • 低予算でできるテレビとネットマーケティングの事例
  • 質疑応答/講師との交流

モデレーターは、スタートアップから中堅・大手まで幅広く広報PRとマーケティングの支援を10年以上やってきた、シェイプウィン代表の神村優介が務めます。

セミナーの詳細:お申し込みはこちら

☆広報サロン入会のご案内☆

会員になると年間24本のセミナー受講やクローズドの交流会に無料で参加できます。さらに、年間36本の会員限定動画コンテンツをオンデマンド視聴も可能です。

広報サロンHP:https://www.shapewin.co.jp/salon
Facebookグループ:https://www.facebook.com/groups/prsalon
公式LINE:https://lin.ee/0zAdpsu

セミナー概要

日時:2021年3月3日(水)15:00-16:00
会場:オンライン(Zoom)
会費:無料
定員:100名(先着)
視聴方法:Zoomでのウェビナー視聴
主催:広報サロン(主宰:シェイプウィン株式会社)
内容:

 

  • 企業や製品サービスの差別化をするキーワードの選び方
  • 圧倒的な優位性を作るポジショニングの基本と方法
  • テレビ流小さなことでも大きく知名度を上げる演出術
  • 低予算でできるテレビとネットマーケティングの事例
  • 質疑応答/講師との交流

※PR代理店など同業他社の方は参加できません。お申し込み時に会社名を省略された場合、参加をお断りすることがありますので、ご注意ください。

【講師プロフィール】

chibatv_ohbayashi.jpg
千葉テレビ放送株式会社
プロデューサー 大林健太郎 氏

1977年生まれ。26歳のとき、番組のAD・ディレクター経験も全くないにもかかわらず
カリスマ美容師ブームに乗じて、「おしゃれ美容バラエティ POPn’TV」を立ち上げる。企業のニーズを直接番組に反映させる独自の番組モデルを構築し、28歳のときには、中小企業のみの新規扱い売上げで1億円越えを達成。その後、人気芸人ナイツ、初の冠番組「ナイツのHIT商品会議室」、レギュラー12本、震災大使サンドウィッチマンを司会とする「サンドウイッチマンクイズ THEPRICESHOW」を相次いでリリース(土曜21時ゴールデンタイム)。企業にはテレビで放送後の、いわゆる「2次利用」の重要性を強く啓蒙している。番組出演企業は、日本全国のべ1,100社(2次利用マーケティング)。2016年8月、元DeNA監督、「絶好調男」中畑清氏をキャスターに開局45週年特別番組、「燃える男 中畑清の123絶好調」をスタート。また、全国各地で毎年50本程度のマーケティング講演も実施中。

■主な番組
「おしゃれ変身バラエティPOPnTV」(マキタスポーツ)
「こころ美人、ミス日本グランプリ決定コンテスト」
「東京ダイナマイトのポタビだよ全員集合」
「フットサル365」(元日本代表キャプテン宮本恒靖出演)
「小島よしお、ナイツの今夜モンドラやろうぜ」
「ビジネスフラッシュ(サッカー解説者松木安太郎氏)」
「東国原英夫のそのまんまでは通しません」
「ナイツ・U字工事の知ったかぶり甲子園」
「捕手里崎智也のビジネス配球術」
「矢口真里のフルルでお買い物」
「ニッチェるチアリーディング倶楽部」
「ナイツ、ねづっちなぞかけ対決」
「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく」
「古賀式ビジネス道場」(元柔道金メダリスト古賀稔彦氏)
「どぶろっくのもしかしてリポート」
「キンタローのニッポンお宝フライングゲット」
          

adviser-pro-kamimura.jpg

シェイプウィン株式会社
代表取締役 神村優介

徳山工業高等専門学校卒業。在学中にNHK高専ロボコン出場経験を生かしたロボット教育ビジネス「MAKE21」を始める。2005年にこのビジネスで経済産業省後援のドリームゲートビジネスプランコンテストの中国地区大会で最優秀賞を取得。その後、株式会社セガトイズに入社し、玩具の企画開発マーケティングを担当。お風呂で使える家庭用プラネタリウム「ホームスターアクア」をプロデュースし、年間15万個出荷の大ヒットを記録。独立後、広報PRを中心にマーケティング企画支援を行うシェイプウィン株式会社を24歳で設立。これまでにChatWorkやスマレジ、TEMONAなどスタートアップの広報PRやマーケティングを支援。

広報サロンとは
スタートアップから中堅・大手企業まで様々な業種の広報担当者のためのオンラインサロンです。専門家・先輩広報・メディアにSlack上で気軽に相談できるプラットフォームの提供をはじめ、広報担当者同士の交流、スキルアップに繋がるセミナーコンテンツの提供をしています。主宰:シェイプウィン株式会社、運営協力パートナー:ASCII STARTUP
https://www.shapewin.co.jp/salon

シェイプウィン株式会社とは
広報PRを中心にマーケティング戦略やDX施策でブランド認知からリード獲得までを支援する企画コンサルティング会社です。広報支援では、プレスリリース作成代行やメディア人脈開拓支援などを行っています。また、SNSやSEO、デジタル広告を絡めたデジタルマーケティングの企画・支援もやっています。
https://www.shapewin.co.jp/

セミナーの詳細:お申し込みはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]